神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

納骨堂の利用に関するメリット・デメリットまとめ!

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/07/14

納骨堂はお墓の代わりになるもの、新しい供養の方法として、近年注目されています。人気の公営納骨堂には希望が殺到し、当選が厳しくなる一方ですが、それでも「納骨堂には抵抗がある」と考える人も少なくありません。納骨堂の利用に関して、メリット・デメリットをまとめました。

納骨堂を利用するメリット

納骨堂を利用するメリットは一番に費用が安く抑えられることです。先祖代々のお墓を持たず、自分でお墓を購入する人は墓地購入費用と墓石購入費用を支払わねばなりません。納骨堂には墓石を購入する必要がないので、一般墓に比べると破格な安さでお墓を入手できます。高いお金を出して購入した墓石は自然災害により、喪失、破損、倒壊する例もあるので、その復旧費用も大変な額となりますね。合葬タイプの納骨堂ならば、一つのスペースに夫婦、家族などで利用できさらにお得に供養ができます。

納骨堂を利用するメリット2つ目は駅近が多く、アクセスが便利という点です。田舎の墓地に先祖のお墓があるけれど、交通の便が悪いので、通わなくなってしまった、ということはありませんか?残された遺族の負担になる供養は、故人も望む所ではないでしょう。一般墓は広いスペースが必要となるため、どうしても郊外の墓地や霊園にお墓を求めてしまいます。不便さは供養の妨げとなります。納骨堂は駅近が多く、仕事帰りにお参りできます。

納骨堂のメリット、3つ目はお墓掃除の手間がかからない、という点です。掃除道具も持参せずに、手ぶらでお参りできるのが、納骨堂の魅力ですね。屋内の納骨堂はお墓掃除や手入れ、草むしりが必要ありません。風雨にさらされることがないので、いつでも清潔で美しく保たれた施設です。先祖代々のお墓を継いだ人はこのお墓掃除に何度も悩まされることとなってしまいます。

納骨堂のメリット、4つ目は空調の効いた屋内でゆっくりお参りできるということ。真夏のお盆参り、屋外の墓所では短時間で切り上げないと熱中症の危険があります。亡くなった大切な人とゆっくりと向き合い、ありし日を偲びたくても、暑さに負けてはどうにもなりません。納骨堂では常時空調が快適に保たれています。

納骨堂のメリット、5つ目は継承者がいなくても、荒れ果てる心配がない、というものです。お墓に関する問題で最も頭を痛めるのは後継者問題です。一般墓は継承する人がいないと、無縁仏となってしまいます。お墓は手入れされることなく荒れ果て、雑草が伸び放題、誰が眠っているのかもわかりません。納骨堂は利用期間が満了すれば、他の遺骨と共に合祀され、供養は永続されます

納骨堂に関するデメリット

納骨堂のデメリットはスペースに限りがある、という点です。一般的に骨壺に入った状態で遺骨を安置するので、土に還るわけではありません。遺骨が多いと納まりきれないという問題も出てきてしまいます。2つ目のデメリットは、お線香があげられないというものです。火災に配慮し、火気厳禁となっている納骨堂も多くあります。電気式のお線香やロウソクなどが使用されています。

納骨のデメリット、3つ目は利用期間満了後に合祀される点です。納骨堂は遺骨を保管する期間が決められています。既定の期間を満了すれば継続の意思確認がされ、継続しない場合は他の遺骨と一緒に合祀されます。合祀後は故人の遺骨を取り出すことはできません。遺骨に供養する継承者がいない場合、この措置はデメリットではなく、メリットとなり得ます。

納骨堂はお墓の代わりにもなる

本来、納骨堂は寺院などで一時的に遺骨を預かり、収蔵する設備でしたが、最近では誰もがお墓を建てられる状態にないので、お墓の代わりになるものとして機能しています。いずれ一般墓を建てるので、それまでの期間預けるつもりが永続的に納骨堂を利用するようになった、という話も聞かれます。

納骨堂にはさまざまな種類があるので、遺族の希望に合わせた施設を選ぶことができます。故人が生前「こうした納骨堂がよい」と希望し、終活ノートにその旨記載したり、遺言したりする様子も見られるようになりました。納骨堂は「仏壇型」「ロッカー型」「墓石型」などがあり、遺族のニーズに合ったスタイルを選べます。費用も選ぶタイプによって上下します。

仏壇型は仏壇タイプの納骨壇が横並びになっていて、比較的割高な施設です。ロッカー型はロッカーのように並んだ棚に骨壺を納めるもので、中には抵抗を感じる人もいるようです。墓石型は墓地や霊園のように墓石が室内に並んでいます。屋内ですが、お花やお線香をお供えできる施設もあります。最近ではコンピュータ制御の「自動搬送式」納骨堂も人気です。スクリーンに遺影が投影されたり、故人の好きな音楽を流してくれたりと最新技術を駆使した納骨堂です。

 

納骨堂の利用者からは「もともとは、よいイメージを持っていなかったが、想像以上によい供養ができた」といった声が聞かれました。納骨堂は新しい供養の在り方を次々に打ち出し、遺族のニーズに答えてくれます。残された人が自分たちなりのやり方で、亡き人の安眠を祈る納骨堂は、充分にお墓の代わりになるものといって差し支えないでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む