神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

宗教法人璧圓寺の口コミや評判

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/07/14

【詳細】
寺院名:宗教法人 璧圓寺(へきえんじ)
住所:兵庫県神戸市灘区灘北通2-7-2
TEL:078-861-1710

兵庫県神戸市にある璧圓寺は、天文四年(1535年)に宗順という僧侶によって中興された、浄土真宗の寺院です。個人別永代供養のほか、納骨堂も運営しているようです。この記事では、宗教法人璧圓寺と、璧圓寺が運営する納骨堂「春秋堂」の特徴について紹介します。遺骨の受け入れ先を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

納骨壇が選べる

璧圓寺では、2014年9月より「春秋堂」という納骨堂を運営しているようです。寺院自体は浄土真宗でありながら、宗派を問わず希望する方は誰でも受け入れが可能です。「納骨壇」という納骨堂内にあるロッカー状の場所に遺骨を納めます。50万円~182万円で利用できます。

利用までの流れ

まずは見学からスタート。予約をすれば、誰でも気軽に訪問できます。資料として「璧圓寺納骨壇使用規則」も受け取れるので、価格・設備・住職の人柄・交通手段など、気になる点をしっかりチェックしましょう。その後、契約を結んだ際に納骨する日時を決め、当日は遺骨・火葬証明書を持参。また、他のお墓から改葬する場合は、事前にお墓の最寄りの役所で階層手続きをする必要があるようです。早めに問い合わせて、手続きをしましょう。

璧圓寺の納骨堂「春秋堂」にはたくさんのメリット

璧圓寺が運営する納骨堂「春秋堂」はお墓より安いのはもちろん、その他にもたくさんのメリットがあるようです。具体的な内容について、少し覗いてみましょう。

いつでも快適にお参りができる

屋内にあるので、雨や雪など天気の悪い日でもOK。空調の利いた快適な納骨堂で、天候を気にせずお参りできるようです。また、納骨堂というと地下にあるなどと暗いイメージを持っている方もいるかもしれません。これに対し、璧圓寺が運営する「春秋堂」は間接照明を使った柔らかな光が特徴です。明るい室内なので、穏やかな気持ちでお参りできるでしょう。

アルミ製でいつまでも美しい

納骨壇はアルミ製。アルミは軽くて柔らかでありながら、飛行機や新幹線のボディ、建物の屋根など幅広い物に使われている素材です。傷が付きにくく、そして錆びにくいので、いつまでも美しく保つことができます。また、花など美しい自然をモチーフにしたデザインが多いため、無機質で冷たいイメージはありません。

駅近で交通アクセスも便利!

「春秋堂」は2駅よりアクセスが可能。JR摩耶駅からは徒歩6分、そして阪神大石駅からは徒歩7分程度に位置しているようです。交通アクセスが便利なので、運転免許を持っていない方でも安心して通えるでしょう。

両家墓としても利用可能

両家墓とは、夫婦両家の遺骨を同じ場所に納めた墓のことです。1回のお墓参りで両家分のお参りが済むので、「子どもが娘しかいないから、娘家族にお墓を継承してほしい」「夫婦でそれぞれ、別々に実家のお墓を守っている」といった方々の悩みを解消したり、手間を省いたりする手段として有効です。「春秋堂」の一段型納骨壇では、四寸型の骨壷が12個まで収容が可能。両家墓や、共同墓としても利用できるようです。

宗派や宗旨は一切不問!

何といっても、最大の魅力はこちらでしょう。一般的に寺院が運営するお墓は、檀家であることが必須条件となります。つまり、無宗教なら仏教に帰依し、仏教以外の宗教に属しているなら改修する必要があるのです。さらに、檀家になる際は入檀料として10~30万円、そして寺院の管理や運営のために年間で最低でも5,000円程度を納めることになります。しかし、璧圓寺が運営する「春秋堂」は寺院が運営する納骨堂でありながら、宗派・宗旨は一切不問。つまり、これらの費用が発生しないのです。そのため、一般的な寺院墓地と比べると、かなりハードルが低いといえるでしょう。

永代経が含まれている

最後にもう1つ見逃せないのが、納骨堂を購入する際に納める「特別懇志金」の中に、永代経が含まれている点です。「春秋堂」では毎朝ろうそくと線香に火を灯し、丁重な読経があげられます。さらに永代経をあげた方に関しては過去帳に名前を記載し、本堂内のご本尊の近くに祀ります。

この他にも、毎年6月と8月には本堂で合同の法要を行い、布教師の法話に耳を傾けるのです。毎月8日には14時から「法話を聞く会」を設けているようなので、納骨堂を管理する寺院に勤める方たちの人柄に触れたり、すべてを寺院に任せきりにするのではなく「自分たちも供養に参加している」という実感を感じたりすることもできるでしょう。この他にも、永代供養では個人型分骨式位牌「いのちのしるし」もあるようなので、気になる方は調べてみるのもよさそうです。

 

ここまで宗教法人璧圓寺が運営する納骨堂、「春秋堂」の特徴について紹介しました。「春秋堂」は、美しい自然豊かなイメージを湛えたロッカー型の納骨壇を持ち、柔らかな光で照らされているためお参りがしやすくなっているようです。また、駅近でアクセスも便利で両家墓としても使用できること、何より宗派・宗旨不問で丁重な永代経が付いていることも見逃せません。兵庫県神戸市で納骨堂を探している際は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む