神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

位牌型納骨堂とは?種類とメリット・デメリットを紹介

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/08/04


近年注目が集まってきている納骨堂にはさまざまなタイプがあります。そして、その中に「位牌型」というものがあるのはご存じでしょうか。位牌型はほかのタイプに比べて利用料が安価であり、比較的維持費が抑えられるというメリットがあります。それ以外にもメリット・デメリットがあるので、位牌型納骨堂の種類と合わせて紹介します。

位牌型納骨堂には2種類ある

位牌型納骨堂は位牌と遺骨をセットで置くタイプと、位牌と遺骨を別々に置くタイプの2つです。位牌のみがずらりと並んでいる場合もあれば、遺骨とセットで並べてある場合もあります。どちらにするか迷った時にはお参りする際に遺骨があったほうがいいのか、位牌のみへのお参りだけでよいのかも考えて選択しましょう。

位牌と遺骨をセットで置くタイプ

位牌を飾る棚の下に遺骨を置くタイプです。位牌のみを置くタイプと比較すると個別のスペースが必要となるので、少し割高になります。位牌だけでなく遺骨にも同時にお参りできるため、遺骨が眠る場所でお参りをしたいと希望する人におすすめです。

位牌と遺骨を別々に置くタイプ

位牌とは別に遺骨が収蔵されているタイプです。お参り時にはずらりと並べられた位牌に向けて、もしくは中央に置かれている仏像に手を合わせます。遺骨の有無にこだわらず、仏壇のように位牌や仏像に向けて手を合わせるタイプでよい人や、利用料を抑えたい人におすすめです。

位牌型納骨堂のメリット・デメリット

位牌型納骨堂の種類や特徴がわかってきたと思うので、メリットとデメリットを解説します。どちらもよく理解しておき、納骨堂選びの参考にしてみてください。

■利用料が安価

位牌型納骨堂の相場は30万円から80万円といわれています。お墓を建てる場合の相場は180万円から300万円前後といわれているため、お墓を建てることと比べればかなり安価に抑えられると考えられるでしょう。「マンション型」「墓石型」などのほかの納骨堂のタイプと比べても安価で抑えられます。

しかし、位牌型であっても個別スペースが広ければロッカー型よりも高くなるケースがあるので、選ぶ際はしっかりと比較することが必要です。

■仏壇としての機能もある

仏壇には位牌や宗派の仏像、お供え物、おりんなどの仏具があります。仏壇の有無は家庭の事情によって異なりますが、もしも「仏壇を置く場所がない」などの理由であれば仏壇の機能も兼ね備えた位牌型納骨堂がおすすめです。もちろん、このほかの納骨堂でも位牌がおける場合は仏壇としての機能があるといえます。

しかし、お参りのたびに遺骨を所定の位置まで自動で搬送する「自動搬送型」「マンション型」や「墓石型」の場合は位牌を預けることができないため、仏壇としてではなくお墓としての機能のみだといえるでしょう。

位牌型納骨堂では、それぞれの宗派に合わせた仏具や仏像が個別に用意できるわけではありませんが、個別スペースが狭い納骨堂には線香立てが設置されているのが一般的のため、お参りができる環境は整えてあります。仏壇を家の中に置くことが難しい場合は位牌型の納骨堂を選択するのも1つの手です。

■利用できるスペースが狭い

位牌型納骨堂では、位牌を置くスペースと遺骨を置くスペースが利用できます。しかし、位牌と遺骨を置くだけのスペースのみの利用となるので、ロッカー型のように1区画まるまる利用できるわけではありません。

「利用できるスペースが狭い」という理由で位牌型の納骨堂を選択しない人もいるでしょう。とくに「故人の写真を小さくてもいいから一緒に収めたい」「ほかの人の位牌や遺骨がすぐ隣にあって窮屈に感じる」という方には適していません。

■個別にお参りできない

周りの位牌との間に仕切りがないため「個別にお参りしている」とは感じないでしょう。心の中でゆっくりと故人と語り合いたくても、ほかに参拝者がいれば早々にお参りを切り上げてしまう人も多いはずです。手軽に参拝したい人にとってはそれほどストレスにはならないかもしれませんが、ゆっくりと参拝したい人やほかの位牌や遺骨とは別にお参りしたい人は好ましく思わないかもしれません。

■新たに位牌を作る必要がある

位牌型納骨堂では所定の位置に位牌をずらりと並べるので、見た目を統一させるために位牌を作り直すケースが一般的です。作り直さなかった場合「隣の位牌が大きくてスペースをとっているから、こちらも同じスペースを取るべきだ」というクレームが発生する可能性もないとはいい切れないので、利用できるスペースが狭いからこそきちんと平等に分けることも必要なのかもしれません。しかし、新たに位牌を作り直すのに抵抗がある人もいるでしょう。その場合はロッカー型をおすすめします。

まとめ

位牌型納骨堂には利用料を安価に抑えられる一方、利用スペースが狭いなどのデメリットがあることがわかりました。どの納骨堂にも必ずメリット・デメリットがあるので、失敗しないためにはどのような供養をしたいのか、あらかじめ決めておくとよいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む