神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

開眼供養とは?納骨堂で行う際のマナーや注意点

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/06/23

!

納骨堂だけでなく、お墓を建てた際も必要となる開眼供養。名前は聞いたことあるけれど、どんなことをするのかわからない方も多くいるでしょう。開眼供養は故人の魂を込めるための大切な儀式です。納骨堂で行われる場合、どのようなマナーが求められるのか、この記事でご紹介します。

開眼供養とはどんな儀式?


納骨堂を利用する際、開眼供養が必要です。開眼供養することで、墓石に魂が入り込みます。どのような儀式が行われるのか、開眼供養を行う時期などを順に見ていきましょう。

開眼供養とは

納骨堂の購入やお墓を建てた際に行われる儀式のことです。僧侶に読径をしてもらい、仏壇や仏像などに魂を入れます。開眼供養をすることで、なにもなかった仏像や仏壇に亡くなった方の魂が宿されるのです。

納骨堂も同様に、開眼供養が行われると、納骨を収蔵したところにが込められます。

納骨堂で開眼供養を行う時期

一般的に納骨堂での開眼供養は、遺骨を納めると同時に行われます。ただし、地域や納骨堂によっては、ごく稀ですが、納骨堂を購入したときに開眼供養を行うケースもあるので、どのような流れで行われるのか、納骨堂へ確認しておきましょう。

開眼供養を行わないケース

必ず開眼供養を行うとは限りません。無宗教や無宗派の場合、開眼供養なしで遺骨を納めることがあります。また、納骨堂に宗教がないときも開眼供養を行わないケースも見られます。

処分・墓じまいするときは閉眼供養

すでにあるお墓から納骨堂へうつる場合、元のお墓での閉眼供養を行いましょう。閉眼供養をすることで、墓石に込められた魂が抜けると言われています。閉眼供養なしでの墓石の処分は対応してもらえないので、必ず閉眼供養を行うようにしましょう。

納骨堂で開眼供養を行う際のマナーと注意点


納骨堂で開眼供養を行う際、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。ここでは、注意点と納骨堂での開眼供養の流れについて解説します。

服装は喪服

一般的に納骨堂で開眼供養を行う場合、納骨式と一緒に行われることがほとんどです。ごく稀に例外はありますが、多くの納骨堂では納骨式と一緒に開眼供養も行われるので、服装は納骨式に合わせましょう。納骨式の服装マナーは基本的に喪服です。

男性は黒のスーツ・ネクタイ・靴下を着用します。女性も黒色のスーツやワンピースを着用。また、小物類も黒で統一するのが無難です。一方で子どもは、制服がある場合は制服を着用しましょう。制服がないときは、シックな雰囲気の服装が望ましいです。

数珠は必ず持参

僧侶が読径する際に、焼香を行うことがありますので、必ず数珠は持参しましょう。基本的な焼香のやり方は、香炉が回ってきましたら、会釈して両手で受け取ります。香炉を置き、祭壇に向かって合掌します。

左手で数珠をもち右手で抹香をつまみ、左にある香炉へ落とします。宗派によって異なりますが、この流れを1〜3回程度繰り返します。そのあと、合掌して祭壇に向かって一礼します。

開眼供養の流れ

納骨堂で、納骨を納めるための納骨壇を購入し、納骨します。場合によっては、日を改めてから納骨する場合もあります。納骨堂に火葬場から受け取った火葬許可証を渡しましょう。火葬許可証とは、故人の遺体の火葬を許可する書類です。市区町村の窓口で手続きが可能です。

納骨の際に火葬許可証は必要になりますので、必ず受け取っておきましょう。もし、火葬許可証を紛失した場合は、5年以内であれば、市区町村にデータが残っているため、すぐに対応してもらえます。

そのあと、開眼供養・納骨式が行われます。行われる納骨堂で異なりますが、併設する本堂で開眼供養をされる場合もあります。また、準備するものも納骨堂ごとで違いますので、事前に必要なものを聞いておきましょう。

開眼供養でのお布施の相場は?


開眼供養のお布施の相場は3万〜5万円ほどです。四十九日などの法要を行う場合は、5万〜10万円程度が目安です。とはいえ、地域などによってお布施の相場は変わりますので、心配な方は親族で相談したり、僧侶に質問したりすることをおすすめします。

僧侶が「お気持ち程度で」と話された場合は、相場の3万円程度で問題ないでしょう。

お布施以外の謝礼

お布施以外に僧侶に渡す謝礼があります。謝礼は移動費や御膳料であり、まとめるのではなく、それぞれ無地の白い封筒に入れて渡します。僧侶が車で来られた場合は1万円程度入れておきましょう。

御膳料については、開眼供養のあとの会食に僧侶が出席しない場合に渡す謝礼で、こちらも1万円程度です。

お布施について

お布施は必ずお布施袋に入れましょう。表書きは「御布施」で、水引は黒白または双銀を選びます。ただし、関西では黄白の水引が用いられます。渡すタイミングは開眼供養を終えたあとです。お礼と一緒に渡しましょう。

まとめ

今回は開眼供養についてご紹介しました。開眼供養は魂を納骨壇に込めるための大切な儀式です。納骨堂で開眼供養する際は、納骨式と一緒に行われることがほとんどなため、服装は喪服を着用しましょう。また、香炉をするケースもありますので、数珠も忘れずに準備してください。開眼供養のお布施については、地域や親族の考え方などから異なりますが、一般的には3万〜5万円と言われています。お布施袋に入れ、開眼供養を終えたあとに渡すようにしましょう。

 

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2024.05.15
  骨壺を購入する際に、サイズ選びで迷う方は多いでしょう。日常的に取り扱う機会がないうえに、どのサイズが最適なのか把握していない方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、骨壺
続きを読む
投稿日 2024.04.15
  納骨式のルールがわからないと悩んでいませんか?あまり経験したことがない場合、実施にあたって何をすればよいのか、どのくらいの費用がかかるのかわからず、困っている方は多いでしょう。
続きを読む
投稿日 2023.12.18
会社名:宗教法人 浄土真宗本願寺派 高法寺 住所:〒651-0063神戸市中央区宮本通7丁目1-18 TEL:078-232-0302 紫金山 高法寺は、400年以上も昔から続く由緒あるお寺
続きを読む
投稿日 2023.12.18
会社名:法華宗 塩飽山 妙昭寺 住所:〒652-0006 兵庫県神戸市兵庫区神田町36-3 TEL:078-361-3679 妙昭寺は、1931年に設立された神戸市内にあるお寺です。2011
続きを読む
投稿日 2023.11.16
会社名:浄土真宗本願寺派 徳善寺 住所:〒654-0025 電話番号:078-732-0531 新しいお墓のスタイルとして、納骨堂を選ぶ方が増加しています。神戸市須磨区にある徳善寺では、伝統
続きを読む
投稿日 2023.11.16
会社名:岸光山 真照寺 住所:〒657-0817 兵庫県神戸市灘区上野通8-7-5 電話番号:078-801-0061 真照寺は、神戸市灘区にある浄土真宗本願寺派のお寺です。王子公園の北側に
続きを読む
投稿日 2024.01.15
近年、故人を偲ぶ場所として納骨堂を選ぶ方も少なくありません。納骨堂は従来のお墓以外の選択肢として浸透してきました。しかし、納骨堂にはさまざまな種類が存在するため、選び方には注意が必要です。こ
続きを読む
投稿日 2023.09.11
【詳細】 寺院名:株式会社神東社 住所:〒651-0067 神戸市中央区神若通2丁目2番6号 TEL:078-222-2222 神東社は、葬儀から納骨までのトータルサポートがうけられる会社で
続きを読む
投稿日 2024.03.15
納骨堂とは、多くの人が最終の安息の場として選ぶ施設のひとつです。ですが、それぞれの納骨堂には異なる宗旨や宗派が存在するのでしょうか。そして、宗派や宗教にとらわれず、無宗教の人々も利用すること
続きを読む
投稿日 2024.02.15
近年、革新的なお墓の形態である「機械式納骨堂」が注目を集めています。本記事では、都市部に便利な立地や効率的な遺骨管理、自動搬送の利点など、その魅力を解説します。さらに、この記事ではその特徴や
続きを読む