神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

納骨堂を決める前に下見しよう!チェックポイントを解説

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/08

新しい住居を決める際、下見をする人がほとんどではないでしょうか。納骨堂選びもそれと同じです。とくに将来的には自分たちの遺骨も収めたいのであれば、しっかりと情報を調べた上で契約するのがおすすめです。では、どのポイントに気を付けて施設を比較すればよいのでしょう?以下にポイントをまとめているため、ぜひ参考にしてください。

チェックすべきポイント5選

納骨堂を比較する際に見ておくポイントは「宗教・宗派」「供養方法」「利用料金」「事業形態」「参拝時間」の5つです。

宗教・宗派

自分の家の宗派はご存じでしょうか。「仏教」という共通の宗教であっても、宗派が違えば経の内容や仏具はまったく違います。もともと入っている宗派のやり方で供養してもらいたいのであれば、その宗派の寺が経営している納骨堂がピッタリでしょう。

公式サイトを閲覧した際に「宗派を問わない」としていてもそれはどの宗派でも受け付けるという意味であり、供養時には納骨堂が指定した宗派での方法となります。

また、宗教によっては受け付けていない場合もあるので、入っている宗教や宗派のやり方での供養を希望するのであればそれに対応している納骨堂を探し当てる必要があります。

供養方法

宗教や宗派だけでなく、基本的な供養の頻度なども比べて見ましょう。「毎朝経をあげる」「大きな節目に厚く経をあげる」「経はあげないが合葬はしない」「既定の年数が過ぎれば合葬する」と納骨堂によって供養の方法はさまざまです。

「どのように供養してもらいたいか」という部分の大切なポイントですので、公式サイトの情報だけではわからない場合は訪問時に直接質問して解決しましょう。

利用料金

納骨堂のタイプによって利用料金が変わります。比較的低価格で抑えられるのは「位牌型」や「ロッカー型」、お墓を立てるよりは抑えられるものの納骨堂のタイプの中で割高となるのは「自動搬送型(マンション型)」や「墓石型」でしょう。

個別で利用できるスペースが広かったりシステムの管理が必要だったりすると料金が高くなる傾向があります。また、同じタイプだとしても供養方法や立地条件などが異なります。利便性や供養方法なども考慮した上で妥当な料金であるか判断しましょう。

事業形態

納骨堂の運営には寺院や自治体、民間団体などが行っています。寺院などの宗教団体は希望する供養方法、自治体は安定した運営、民間団体は宗教・宗派不問で立地条件のよさが期待できます。事業形態によって期待できる部分が変わってくるので、選択肢の1つとして加えてみてはいかがでしょうか。

参拝時間

納骨堂は屋内施設であることがほとんどのため、開館時間を定めていることがほとんどです。9時から18時台と定めているケースが多いですが、中には仕事の都合などで日中参拝できない人のために夜遅くまで開けているところもあるかもしれません。

また通常の参拝ではなく、年末年始の開館時間にも注意が必要です。参拝客が多くなるお盆の期間に閉館するとは考えられませんが、親族が集まりやすい正月に参拝する家庭もあります。普段の参拝からそれ以外の特別な参拝など、どのタイミングで参拝することが多くなるのか予想してそれにあっている施設を選びましょう。

事前に確認しておきたい情報

施設に訪問する前にも、公式サイトから情報を得ることはできます。気になる納骨堂があれば資料請求するのもよいでしょう。近場の納骨堂をやみくもに探して訪問し時間をロスしてしまわないよう、事前に確認できる情報は把握しておきましょう。

利用料金

利用料金も公式サイトに掲載されているケースがほとんどなので、事前に確認して他施設と比較できます。お墓を買うよりは費用を抑えられるとしても、安い買い物ではないのできちんと予算を設けることが大切です。

きちんと利用料金を把握・比較し、将来的に収蔵数がどの程度まで増えるかも予想して利用料金がどれだけかかるのか、予算内に収まるのかを考えておくことをおすすめします。

立地条件

納骨堂までの道幅が狭い、勾配がきつい、でこぼこしているかは訪問するまでわかりません。事前にわかる立地条件は駅や高速の出口からのアクセス、家からの距離といった地図上でわかる情報です。

距離が遠くても高速の出口から近ければ結果的に距離が近い納骨堂よりも早く移動できる場合があります。また移動時間が長ければ参拝もおっくうになってしまい、次第に足が遠のいてしまうかもしれません。

「参拝する頻度が高い」「移動時間を短くしたい」のであれば、アクセスしやすいのか立地条件を確認してみましょう。

 

納骨堂選びのポイントを解説しましたが、重要視するポイントは人によって違います。供養方法や立地条件、利用料金など、重要視したいポイントを絞ると納骨堂が選びやすくなるでしょう。何を重要視すればよいかわからない場合は、ぜひ解説したポイントを参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む