神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

納骨堂と永代供養はどう違う?特徴・費用相場を紹介

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/08/04


納骨堂のTVCMや広告チラシなどで「永代供養付き」という文言を見たり聞いたりしたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、その意味や両者の違い・関係を理解している人は複数の納骨堂を比較している人がほとんどです。今回は納骨堂を探し始めた初心者向けに、納骨堂と永代供養は何が違うのかを特徴と費用相場も合わせて解説します。

永代供養の特徴

「永代」は長い年月という意味です。つまり永代供養とは長い年月にわたり供養するという意味で、お墓や納骨堂の管理の仕方を指します。どのくらいの期間供養をするのかは各施設によって違いますが、一般的には33回忌や50回忌など一定の期間を設けたのち、更新手続きがなければ合祀という流れです。そのほかにも、個別スペースを設けず最初から合祀されるタイプもあります。

■供養や管理は施設にお任せ

永代供養の最大の特徴は長い年月にわたり、供養と管理を任せられるという点でしょう。一般的な承継墓は敷地内の雑草抜きや墓石の掃除など、自分たちで管理しなければならないこともあります。回忌法要できちんとお経をあげてほしい場合は、その都度お布施を用意しなければいけません。定期的に管理費などを支払わずに済むので、供養と管理をお任せしたい人は永代供養付きの納骨堂を検討してみるとよいでしょう。その際は利用できる期間も確認しておいてください。

納骨堂の特徴

納骨堂は近年増えてきたお墓の種類です。家にお墓がなかったり、墓石を立てる土地が少なくなったりすることから増加しています。タイプはさまざまで、位牌型やロッカー型、自動搬送型(マンション型)、仏壇型などがあります。

ほとんどが屋内施設で、天候に左右されることなく参拝できるのも特徴です。利用できる個別スペースが狭かったり自由にお供え物ができなかったりするデメリットもありますが、承継墓よりも費用が抑えられて管理が不要という理由から注目を集めています。運営しているのは主に寺院などの宗教団体や自治体、民間団体です。

■規模は小さいもののお墓として利用できる

寺や霊園にある立派な御影石のお墓ではなくとも、お墓としての機能はあります。タイプによっては遺骨とともに位牌も置ける場合があるので、仏壇として扱うことも可能です。承継墓がなく家の中に仏壇を置ける場所もない人にとっては、納骨堂の利用がピッタリなのではないでしょうか。

永代供養と納骨堂の費用相場

納骨堂と永代供養の特徴がわかったので、それぞれの費用相場を比べてみましょう。

■永代供養合祀型

始めから合祀される永代供養合祀型の相場は10万円から30万円です。個別スペースを設ける必要がないことから費用も安く抑えられます。他人の遺骨と一緒に埋葬されることに抵抗がなく、費用を抑えたい人に向いています。

■個人墓+永代供養

契約期間中は個人墓で供養ができます。契約の更新がなければ合祀されるケースがほとんどです。費用相場は70万円から150万円ほど。合祀型と比べれば値段が張りますが、承継墓と比べれば費用が抑えられます。

■位牌型

「棚型」とも呼ばれ、位牌を所定の棚にずらりと並べる納骨堂です。位牌が置かれている棚のすぐ下に遺骨を収めるスペースがある場合と、別の場所に遺骨を保管する場合にわかれます。個別利用できるスペースが狭いので、費用相場も10万円から20万円と比較的安いです。別途年間管理料が発生する場合もあります。

■ロッカー型

鍵のかかるロッカーの1つを丸ごと利用できます。費用相場合20万円から50万円ほどです。空き状況によっては上のロッカーを利用できず下になってしまうこともあるので、下段に故人の遺骨を収めることに抵抗があれば向いていないでしょう。

■仏壇型

仏壇型は上部が仏壇となっており、下部に遺骨を収めます。費用相場は50万円から150万円ほどですが、仏壇に使用する木などの素材によっては高額になる可能性もあります。個別に利用できるスペースが広く、上下に他人の遺骨が納められていないので圧迫感もありません。

■自動搬送型

マンション型とも呼ばれる最新の納骨堂です。費用相場は100万円前後。収められた遺骨をコンピューターが管理し、参拝時にIDカードなどをかざせば自動で遺骨を祭壇まで運んでくれます。多くの遺骨が収蔵でき、都心を中心に増加傾向にあるタイプです。納骨堂で故人が収められている場所を探す手間も省ける上、必要な時にだけ取り出して参拝できる手軽さから人気があります。

まとめ

永代供養とはお墓の契約形態であり、納骨堂はお墓の種類であること、それぞれの特徴とタイプ、費用相場を解説しました。個別スペースの有無や広さによっても料金が変わるので、どのように供養したいか考えると絞り込みやすくなります。また、それぞれに向いているのはどのような人なのかも記載しているので、どのタイプ・形態が適しているのか判断するための参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む