神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

納骨堂にはさまざまなタイプがある!現代の納骨堂の形とは?

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/11/04

お墓参りをする際に、遠いことが苦痛…と感じられる方もいるでしょう。お墓参りに行きたくても忙しくてなかなかお参りできない、そのような悩みを抱える方は、利便性のよい場所にお墓を作りたいと感じています。その方法のひとつとして選ばれているのが納骨堂です。この記事では、納骨堂についてお伝えします。

納骨堂にもさまざまな種類がある

納骨堂といっても、さまざまな種類があります。昔ながらの納骨堂は、寺院の敷地内にあり、一時的に遺骨を収蔵しておく場所とされていました。

しかし、時代の変化により遺骨を供養できる施設になってきています。遺骨を供養する納骨堂の多くは、ロッカーや棚を使うスタイルから始まり、その後、仏壇式や墓石型なども誕生しました。

現在は、ニーズに合わせたさまざまな納骨堂があります。このことから納骨堂は、お墓と同じ役割をしているといえるのです。

納骨堂のタイプとは

納骨堂にはさまざまな種類があることは分かりましたが、具体的にどのような種類があり、それぞれどのような点が異なるのでしょうか。違いをまとめておきます。

仏壇式の納骨堂

仏壇式の納骨堂は、複数の仏壇が並んでいるものです。上段と下段に分かれたものが多く、上段に仏壇、下段にお骨が納められます。使用する空間が広いので、家族代々受け継ぐことができる納骨堂です。ただしお墓に近いスタイルになるので、費用はやや高めです。

ロッカー式の納骨堂

ロッカー式の納骨堂は、ロッカーのように壇を並べているスタイルです。細かく区切られていて、ひとつのスペースはやや小さめです。しかし、きちんと専用空間として分けられているので、お墓のように使えます。ロッカーのような見た目がイマイチと感じてしまう方もいるようです。

機械式の納骨堂

新しい形の納骨堂として増えているのが、機械式です。専用のカードが発行されて、カードを使って操作してお骨を参拝する場所に移動させるというスタイルです。参拝ルームには、焼香台や生花が設置されているので、お墓参りのようにお参りできます。

お花を用意してくれているので、手ぶらでお参りできる点も利用しやすいです。綺麗な施設が多く、快適な空間でお墓参りができます。

位牌式の納骨堂

お骨を別の場所に安置する納骨堂のスタイルとして知られています。内仏様の周囲に位牌を配置して、お骨は別なので、お骨を納めた場所に直接お参りできない点はデメリットになってしまいます。

時代とともに進化している納骨堂

納骨堂は時代とともに進化しています。とくに最近は土地不足の解消ということで、マンションのような納骨堂も増えてきています。納骨堂がマンションの中に設置されることで、よりお墓参りしやすくなっているのが特徴です。

お参りに際に、専用の部屋に安置されている位牌と遺骨が全自動で運ばれてくる施設もあります。これは立体駐車場のような仕組みになっていて、カードと暗証番号で利用できるようになっています。

お参りが終わった後は、位牌や遺骨は元の安置場所に戻されます。お墓と異なる点は、お花はお供えできてもお水でお墓を洗ったり、お線香をあげたりすることができないという点です。こういったこともお墓参りで重要視されている場合は、納骨堂では不満が出てしまうかもしれません。

納骨堂では、法事も行うことができる施設もあるので、どのようにお参りしていきたいのか明確にして決めるようにしましょう。

バリアフリー化されていて安心

最近の納骨堂は、新しい施設ということもあり、お年寄りや車椅子の方もお参りしやすいようにバリアフリー化されています。このようなことから、これまでなかなかお参りできなかったという人もお参りしやすくなるでしょう。

室内なので安心

外のお墓のほうがよいと感じる方もいるかもしれませんが、納骨堂のように室内でしっかり管理されていることで、セキュリティー面はとても安心といえます。お墓を荒らされてしまう心配もないうえ、清潔な状態を維持できます。管理の手間がかからないという点はメリットでしょう。

納骨堂が選ばれる理由

納骨堂が選ばれている理由として、無縁墓になってしまう可能性がないということが挙げられます。後継者がいない場合でも、一定の期間が過ぎれば合祀墓で供養されるので、お墓の後継者問題で悩むことがありません。子どもがいてもお墓の管理が難しいということもあるので、そういった場合、納骨堂という選択肢はよいといえます。

納骨堂は檀家になる必要もないので、宗教問わずに預けることができます。この点も無宗教の人にとってはありがたいといえるでしょう。

まとめ

納骨堂にはさまざまなタイプがあることをお伝えしました。新しいお墓の形として注目されている納骨堂ですが、タイプによって費用はさまざまです。納骨堂は室内で参拝できるので、天気や季節を気にしなくてお参りでき、快適な参拝が可能です。まずは、どのような納骨堂があるのかよく調べて比較することからはじめてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.12.15
お墓参りをする際に、遠いことが苦痛…と感じられる方もいるでしょう。お墓参りに行きたくても忙しくてなかなかお参りできない、そのような悩みを抱える方は、利便性のよい場所にお墓を作りたいと感じてい
続きを読む
投稿日 2022.11.15
納骨は、たいていの方が慣れない儀式ですので、準備や手順などわからないことばかりです。お通夜・葬儀・初七日と多くの法要を行い、次は納骨。しかしいつ・どのように納骨すればよいのか、何を準備するの
続きを読む
投稿日 2022.10.15
先祖へ感謝を伝えるお墓参りは、なるべく毎年行っておきたい。しかし、お墓が遠方地にあったり、行きづらい場所にあったりと、何かと不便に感じている人も多いでしょう。そのような問題を解決する参拝方法
続きを読む
投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む