神戸市でおすすめの納骨堂22選!口コミで人気の業者を厳選しました。

今さら聞けない!納骨式の服装マナーは?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/07

冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介します。宗派や地域のしきたりも考慮して、ほかの参列者への印象を悪くしないように、マナーを守った服装で参列しましょう。

納骨式は喪服でなくてもOK?

納骨式に参列するとき、何を着ていけばよいか分からないという方は多いものです。納骨式は、いつ行わなければいけないという決まりはありません。そのため、納骨式の服装は、納骨式がいつ行われるかによって異なります。納骨式が行われるタイミング別に、服装をチェックしてみましょう。

四十九日以前の納骨式の服装

納骨式は、地域によっては火葬後に引き続き行われることがありますが、四十九日法要の際に行われるのが一般的です。四十九日法要までの納骨式には、喪服を着用するのが基本です。

故人は四十九日までは霊として存在し、四十九日の法要をもって仏様になるとされています。喪服には、故人を偲び冥福を心から祈る意味が込められており、納骨式に着用するのにふさわしい服装だといえるでしょう。

喪服のクリーニングは、一般的なブラウスやスーツよりも時間がかかってしまうことがあります。通夜や葬儀で着用した喪服を納骨式でも着用する場合は、香炉の灰などの汚れが付いていないかをチェックし、汚れが目立つ場合は、早めにクリーニングに出しておくことをおすすめします。

四十九日以降の納骨式の服装

四十九日法要以降に納骨式が行われるときは、宗派や地域のしきたりも関係しますが、平服での参列が一般的です。

ただし、一周忌が終わるまでに行われる納骨式では、喪服を着用するケースも少なくありません。とくに親族は、周りの参列者と服装の格式を合わせる必要があるため、あらかじめ年長者に確認しておくことをおすすめします。

平服ってどんな服?

平服とは、通常は普段着を意味する言葉ですが、冠婚葬祭で用いられる平服は、カジュアルな服装でもよいという意味ではありません。納骨式の平服は、「喪服でなくてよいがそれに準ずる格好」と捉えておくとよいでしょう。

バッグは光沢や飾りのないシンプルなものを使用し、アクセサリーを身につけるときは、通夜や葬儀と同じ基準で選べば問題ありません。男性・女性・子どもの平服の具体例を紹介します。

男性の納骨式の平服

・黒・ダークグレー・濃紺など落ち着いた色のスーツ上下

・白のワイシャツ+黒のネクタイ

・黒の靴下

女性の納骨式の平服

・黒・グレー・濃紺など落ち着いた色のワンピース、アンサンブル、スーツ上下

・落ち着いた色のインナー

・薄手の黒のストッキング

子どもの納骨式の平服

・学生は制服

・制服がない場合は、白シャツ+黒・グレー・濃紺のパンツやスカート、黒・グレー・濃紺のワンピース

・乳幼児は赤や黄色などの派手な色を避け、落ち着いた色の服装

最適なメイクは?

納骨式のメイクは、葬儀のメイク(片化粧)と同じと考えて問題ありません。納骨式のメイクは、全体的にナチュラルに仕上げることが基本です。ポイント別に注意点をご紹介します。

ベースメイク

光沢を出さず、マットに仕上げます。化粧下地やBBクリーム、ファンデーションのあとにパウダーを乗せる場合は、パールやラメの入っていないものを選ぶのがポイント。

クマやシミをコンシーラーで隠すときも、厚塗りにならないように注意しましょう。チークはピンクやオレンジなどを避け、肌色に近いものを選びます。

アイメイク

眉毛は、落ち着いた印象のあるブラウン系やダークグレーなどを髪色とのバランスを考慮して選びます。ナチュラルに整えた感じに仕上げてください。アイシャドウを乗せる必要はありませんが、使う場合は、ラメやパールの入っていないブラウンやベージュ系が基本です。

アイラインは涙でにじんでしまわないようウォータープルーフのものを選び、太くなりすぎないように注意しましょう。カラーコンタクトやつけまつげは、おしゃれを目的として付けることが多いため、納骨式では避けた方が無難です。

リップ

葬儀や納骨式での片化粧では、口紅を引かないことが基本ですが、不健康な印象になってしまう方は、マットなベージュを薄く引いてもOKです。

ネイル

ネイルはしないのがマナーですが、ジェルネイルのようにすでに付けているネイルが取れない場合は、黒の葬儀用の手袋を着用します。食事があるなど、手袋を外すのが分かっているときは、ネイルの上からベージュのネイルを塗って色を押さえておきましょう。

ヘアースタイル

髪が結べる場合は、結ぶのがベストです。髪留めは黒を基調にした派手でないシンプルなものを選びます。髪色が明るすぎる方はカラー剤で染めるか、スプレーで一時的に色を抑えることをおすすめします。

 

納骨式の服装マナーは、納骨式が行われるのが四十九日法要の前か後かで変わります。四十九日法要前なら喪服で、四十九日法要の後なら平服で参列します。ただし、宗派や地域によってしきたりがある場合も少なくないため、トラブルにならないためにも、事前に年長者に確認しておくのがベターです。納骨式は、服装やメイクに気を付けて、マナーを守った大人の装いで参列を心がけたいものです。

おすすめ関連記事

SEARCH

NEW POST

投稿日 2022.09.15
納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納める施設です。元々は一時的な収蔵を主な目的としていましたが、近年では、恒久的に遺骨をお祀りすることも増加しています。それに伴い、納骨堂の名義変更が必要となる
続きを読む
投稿日 2022.08.15
最近生前整理やエンディングノートが広まりつつあるため、早くから生前整理や自分の墓地について考え始めている方もいるのではないでしょうか?生前から納骨堂を購入するのはアリなの?という疑問をお持ち
続きを読む
投稿日 2022.07.15
墓地管理の大変さや家族構成の変化などを背景に、需要が拡大の一途を辿る納骨堂ですが、その中でも管理のしやすさや価格の明瞭さからロッカー式納骨堂は人気となっています。しかし、納骨堂に関してはトラ
続きを読む
投稿日 2022.06.15
家族構成や暮らしの変化にともない、納骨方法に関しては「納骨堂」というスタイルに注目が集まっています。管理できない墓地が社会問題となっている今、骨壺を管理する納骨堂は次世代向けのサービスとして
続きを読む
投稿日 2022.05.15
これから納骨堂のお参りに行く場合、「霊園やお寺のようなマナーってあるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。納骨堂ならではの配慮、マナーを事前に把握しておくことで、スムーズにお参りを
続きを読む
投稿日 2022.04.15
都心からもアクセスしやすいことから、気軽にお参りできる納骨堂を選択するという方が近年増加しています。しかし、「費用面が複雑でよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。そこで、本
続きを読む
投稿日 2022.03.15
大切な家族や親族が亡くなってしまった際には、お葬式や火葬、納骨を行って故人を弔うのが日本の風習です。しかし、喪主にとっては気持ちの整理がつかず、慣れないことも多いため、慌ただしく大変なことか
続きを読む
投稿日 2022.02.15
独身の方は、自分が倒れたあとのお骨の管理について、不安になることがありませんか?最近では、独身者が生前に永代供養を依頼することが増えています。独身者が永代供養を依頼するときの条件や、依頼のと
続きを読む
投稿日 2022.01.15
冠婚葬祭では、その場にふさわしい服装やメイクがあります。納骨式には、どのような服装やメイクで参列すればよいのでしょうか。今回は、納骨式の服装のマナーや平服の扱い、メイクのポイントなどをご紹介
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ペットを家族の一員として迎え入れている家庭が多い現代では、ペットが倒れたときに、同じお墓や納骨堂に入ることを希望する方が少なくありません。愛犬や愛猫と飼い主さんは、同じお墓や納骨堂には入れる
続きを読む